パイプカット

まだ学生の僕が迷わずパイプカット手術をした理由

自己紹介と御挨拶

はじめまして。僕は29歳の医学部5年生です。

お金がないので風俗に行ったことがありません。オナホをやっと買ってるくらいです。医学部に入る前は時給600円で住み込みのバイト生活をしていました。

幸運にも医学部に入ることができたので、その身分を利用して「やるだけやってやろう!」と、人生を邁進中です。

僕が受けたパイプカット手術は、精管を切って、切り口を焼いて固めて、繋いで、精子が精液に含まれないようにするものでした。

術後のセックスライフはとても素晴らしいものに変わりました。妊娠の不安や避妊の心配をする必要が全くなくなったので、毎回欠かさず素敵な女性の膣内で遠慮なく射精しています。

最近では、さらにセックスライフを満喫しようと、アンドロペニスという器具でペニス増大にも励んでいます。より一層、セックスの楽しみ・喜びを知り、自分に自信もついてきたせいかナンパの調子もすこぶる上がりました。

それでは、こんな僕がなぜ20代でパイプカットという避妊手術を選択したのか?その理由からお話します。

 続きを読む

僕のパイプカット体験記 - MENU -

ホームへ戻る